テーマ

2月21日(木)・銀河の月15日・KIN119:青い月の嵐

今日は、占星術の話し。

現在は、惑星は1つも逆行していない
スムーズに動ける貴重な時期です。

 

次回は3月6日水星が逆行してから
次々と惑星の逆行が始まって
2020年1月11日の天王星の逆行終了まで続きます。

 

10ヶ月間、何かしらの惑星が逆行しています。

 

 

惑星は、宇宙で逆行しているのではなくて、
それぞれの惑星は楕円を描いて公転しているので
地球から遠ざかる時に逆行しているように見えます。

 

 

逆行期間は、地球から遠ざかるので、
その惑星が持つエネルギーが遠ざかります。

 

 

例えば、水星は
コミュニケーション、情報、通信、交通などの
エネルギーが地球から遠ざかるので・・・

 

 

このエネルギーが地球から薄まる

 

 

 

結果、コミュニケーション障害が起きやすくなる
情報や通信障害が起きやすい
交通障害が起きやすいので・・・

 

 

 

少し、気をつけましょう。

ということです。
意味もなく、怖がるものではありません。

 

 

普段からコミュニケーションで
誤解を受けやすい人は工夫を考える時期

交通障害を意識して時間に余裕を持つ
など、対策したり、振り返りする時期です。

 

 

ちなみに
去年の水星の逆行は・・・

2018年11月17日〜12月7日まで

この期間に何が起きたのか・・・・

 

 

突然のゴーンさんの逮捕
その後の情報の混乱や株価の暴落

ソフトバンクも含めた世界的な通信障害

 

北日本では寒波で交通障害もおきました。

 

 

 

何気ないことですが
知っていると役立つことがあります。

 

 

先日、待乳山聖天様というお寺の
法要に参加した時にご住職が伝えた法話の中で

「目に見えない世界を信じること」とありました。

 

 

宇宙のことは目には見えませんが
こうして少しあげただけで
私たちは宇宙に影響されていると
気がつくことができます。

 

 

 

明日は
自分がどの惑星に影響されるのかを調べる方法を伝えますね。

 

 

☆.。.

 

キーワード:

銀河の音2・月:挑戦・分極化する・安定させる
青い嵐:自己発生・触発する・生命

 

 

サク月:疑問の雲を晴らし、みずからを高く持ち上げ

調波30:奉仕の普遍的な火を自己制御する

銀河の月:「私は自分の信じている通りに生きているか?」
Week・31:フナブ・クが自己発生を送信する

 

 

☆.。.

 

 

今日は
エネルギーが自己発生していきます。

 

 

自分がどんなエネルギーなのか
知りることを始めると

周りで起きる出来事を
客観視できるようになります。

 

 

「客観的に見る力」を意識して過ごしましょう。

自然と、周囲への感謝が湧き出てくる1日になるでしょう。

 

 

 

実は、今13の月の暦のカレンダーや手帳を販売している
こよみ屋さんでは、お得の提供をしています。

 

 

 

13の月の暦は占星術とも相性が良いです。

水星の逆行が始まる・天王星が牡牛座に入る3月6日は・・・
13の月の暦では現在の「銀河の月」・最終日

翌日の「太陽の月」は魚座新月です。

 

 

占星術のイベントと
「13の月の暦」のタイミングが合うことがとても多いです。

 

 

 

この機会にぜひ、取り入れてください^_−☆

 

 

http://www.koyomiya.com/13moon/hajimeteset/index.html

 

 

宇宙次元講座     宇宙次元講座・メニュー

 

 

Facebook: https://www.facebook.com/masumi65

お問い合わせ:https://peaceofmind65.net/contact/

 

 

*お問い合わせは上記Facebook または
Peace of mind HPのからお願いいたします。

 

 

Twitter: https://twitter.com/peaceofmind65

Instagram: https://www.instagram.com/masumi_kin65/

note : https://note.mu/peaceofmind

 

 

*TwitterとInstagramへのメッセージ・コメントはご遠慮ください。
返信が遅れる場合があります。

 

 

この情報を必要としている全ての人に記事が届いて
たくさんの人に役立っています(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です