テーマ

「こじらせタイム」の仕組み

 

「こじらせタイム」は正義感が強くて
一生懸命頑張る人ほど陥ります。

 

頑張っているからプライドもある。

 

その頑張ってきたプライドは
過去の情報でしかありません。

 

 

プライドを守れば守るほど
自分の身動きを制限してしまいます。

 

看護師時代の私も
頑張り方を間違えているだけでした。

循環器科で働いていた私は
それまでの改革を認められて隣の
心臓血管外科に異動が決まりました。

 

 

心臓血管外科といえば、
急性期なので循環器以上にバリバリと、テキパキと
働くイメージだと思いますが、
その当時の心臓血管外科は違いました。

 

 

当時、個人病院でありながらも
北海道での心臓外科(心外)手術件数は一番多く、
心外ドクター(当時の副院長)は日本でも5本指に入る
名門病院で、トラブルなく順調に回復して退院するのが当たり前。

 

心外の副院長が当時の病院を辞めた後
新しく来たドクターの心外手術を担当したオペ室ナースが

 

「心臓の手術って、本当は大変だったって分かった。」

 

と、青ざめて実感するほど
以前の心外ドクターが優秀だから
オペ前後に患者さんが急変するなんて危機感のない病棟でした。

 

 

今から10年以上前の話ですけど・・・

 

 

 

申し送りには1時間以上かかる
記録は無駄が多くて一眼で要点を掴める内容ではなく
時系列で記載する記録。

 

時系列の記録は急変時やオペ中など
処置が多くて何時にどんな処置をしたのか
何をどのくらい投薬したのかの
経過をたどるときには有効ですが

 

ルーティンで進んでいるときは
一目で患者さんの状態を把握できる
簡易的な記録があるんです。

 

循環器病棟は、患者さんが二泊三日で入退院したり
急な入院も多いのに、

 

心外病棟の方が
申し送りをして記録してと、
毎日が残業で帰りが遅かったのです。

 

 

そこに、心外病棟の離職率が高いから
4月からマスミさんが業務改善して欲しいの

 

とのことで決まった異動

 

 

その時の私は
自分の価値や
選ばれたことがどんなことかがわからなくて

 

 

なんで私なんだよー(・Д・)

 

 

循環器の方が面白くて好きだよー(´・∀・`)

と思っていました。

 

 

心外は想像以上に非効率。

 

数日で離職率が高い理由がわかりました。

 

 

 

入職したての1年目・2年目ぐらいが

一番、非効率が見えるけど
まだ先輩に教えてもらう立場で
意見もできない年代

 

 

そのうちに慣れて、何がおかしいのかが見えなくなるのが

 

 

「繰り返しが好きな脳(潜在意識)の仕組み」

 

 

心外の人たちは

 

おっとりしていて
私の意見はきいてくれるけど

 

「これまでこの方法で長年でやってきました。」

っていうプライドがあるんですよね。

 

 

 

ベテランさんと私の間に
見えない隔たりができてきます。

 

 

私は相変わらず正論を伝えます。

 

私が異動した使命でもあるので頑張ります。

 

 

 

頑張り続けると人は・・・・

 

 

「私だけが頑張っている」

と、錯覚します。

 

 

「だけ」

 

 

脳(潜在意識)が「だけ」を認知すると

 

 

 

「私だけ」頑張っている世界しか

脳は見せてくれないんです。

 

 

盲点・スコトーマ、フィルター

 

 

私以外の人の努力や
頑張って受け入れようとしている
気持ちが見えななります。

 

 

 

しまいに、私は自己肯定感が低かったので
自分が認められて
大事な任務を任されている実感がなくて

 

 

自分ができることは
他の人もできるはずなのに・・・と

 

 

私ができることを
私と同じようにできない人のことを
理解できなかったのです。

 

 

 

 

マザーテレサの有名な言葉です。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

 

 

 

まさに、無意識に使っている言葉が

どんなに自分に影響を与えているのかわかりますか?

 

 

「私だけ」「私なんか」

 

 

無意識に言葉を使って
自分が思い描く姿と違う現実を引き寄せる
ズレが起きていました。

 

 

頭の中の「ベクトル」が噛み合っていなんですね。

 

 

無意識の言葉を見つけて
考え方を変えるだけで見え方が変わります。

 

 

潜在意識と顕在意識・集合無意識の仕組みを

宇宙次元に当てはめて説明することで

自然に見え方が変わっていきます。

 

 

頭の中のベクトルの向きを合わせて

「私だけの予言の書」を読むだけで

大きな変化が訪れます。

 

 

「こじらせタイム」が終わり

「宇宙のシンプルタイム」に入ります。

 

 

 

「私だけの予言の書」は

宇宙次元講座を受講すると
作ることができます✨

 

もちろん、一人一人のオリジナルです。

 

この講座はできた当初は、

 

 

集合無意識と宇宙次元を当てはめて
金属製ペンデュラムを使い
宇宙から情報を得る方法を伝える講座でした。

 

 

宇宙にアクセスし続けるうちに
私の進化が早すぎて
講座がどんどん変容していきました。

 

今では引き寄せの仕組みを説明したり

 

苫米地博士の理論も

 

宇宙次元講座で説明できることがわかりました。

 

 

◉苫米地理論の用語

スコトーマ・盲点
コンフォートゾーン
アファメーション
時間は未来から流れている

 

 

◉宇宙次元講座の用語

フィルター
境界線(常識や価値観の中)
私だけの予言の書
宇宙次元の図から見る時間軸

 

科学的根拠をしっかり備えた

未来から時間を流すことができる講座です。

 

 

現在講座の受講希望者を募集しています。

さらに講座を一緒に広めるセラピストを
募集しています。

 

自分や人の変化に関われる
宇宙次元講座を使ってお仕事をしませんか?

 

 

☆.。.

 

大人になることで無意識化でバラバラになった
「ベクトルの向き」を合わせる
宇宙次元講座を開催しているセラピスト:MASUMIです。

顕在意識・潜在意識・集合無意識を
宇宙次元に見立てて説明します。

 

「私だけの予言の書」を読むことで
未来から流れる時間を体感して
望む未来が待っているだけで届きます。

宇宙次元講座・メニュー

 

Facebook: https://www.facebook.com/masumi65

お問い合わせ:https://peaceofmind65.net/contact/

 

お問い合わせは上記Facebookか
Peace of mind HPのお問い合わせから
お願いいたします。

 

 

Twitter: https://twitter.com/peaceofmind65

Instagram: https://www.instagram.com/masumi_kin65/

note : https://note.mu/peaceofmind

 

TwitterとInstagramへのメッセージ・コメントはご遠慮ください♬
返信が遅れる場合があります。

 

Peace of mind とは

 

↑ このページでは

Peace of mindの由来

セラピストMASUMIの自己紹介を公開しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です