テーマ

牡牛座新月と天王星の移動の前に・パカル王が偉大な理由

これまでの記事から

パカル・ヴォタンが重要な人だと
なんとなく伝わってきたと思います。

 

2018年の重要な新月が始まる前に
パカル・ヴォタンがどんな生き方をして
後世に何を残したのかを知っていただこうと思います。

 

 

13の月の暦に関連する書籍では
度々、パカル王(パカル・ヴォタン)の墓が話題となります。

 

 

この墓やその発見された時期に
重要な意味が隠されています。

 

 

マヤの古代都市パレンケに生まれた
パカル王は紀元603年から683年までの80年の生涯でした。

 

 

12歳で即位し28歳の頃自分の使命を自覚して52年間に
大きな活動をしています。

 

 

その後パカル王が亡くなり
後を継いだ息子によってパカル王の死から9年後に
パカル王の墓は完成し閉じられます。

 

 

692年の出来事。

 

 

ジャングルにピラミッドを建設するという
高度な技術を残しながら60年から80年のうちに
パレンケという都市は謎のまま放棄されてしまいます。

 

 

16世紀に入ってヨーロッパの侵略者たちがパレンケ遺跡を発見。

 

 

それから何人かの研究者が遺跡の調査をしますが
パカル王の墓は発見されず。

 

 

1947年に一人の考古学者が「碑銘の神殿」という
ピラミッドを調査していた時に管のようなものを見つけて
その後3年かけて管の周囲を掘り進めたことで
パカル王の墓を見つけます。

 

 

パカル王の墓が閉じられてから1260年後。

12:60を連想させるのですが、
12:60とは私たちが使っている時間やカレンダーを表します。

 

12ヶ月と60分。

 

他にも偶然が重なりすぎてこのタイミングで

墓が発見されると設定したようにも感じます。

 

 

パカル王の墓まで伸びていた管は
「サイコ・ダクト」(霊感)や
「テレクトノン」(通話菅)と呼ばれ

 

 

この管から後の王たちがパカル王とコンタクトを取ったと
言われています。

 

 

世界的にもこのような仕組みが確認されているのは
「碑銘の神殿」だけ
マヤの遺跡の中で王の墓が見つかったのも
パカル王が眠る「碑銘の神殿」だけです。

 

 

 

ロシアの研究者もパカル王の石棺のレリーフを見て
「宇宙飛行士」のように見えるといいました。

 

画像はこよみ屋さんの手帳から抜粋。

 

 

 

下の画像、石棺の重さは1トンもあります。

どうやって運んで閉じたのか謎が多く。

 

画像はこちらからお借りしました。

 

 

 

石器時代のような生活だったにも関わらず
高度な数学の知識やテクノロジーを持っていて
世界の遺跡の中でも謎の多い神秘の文明と言われる所以です。

 

 

この記事では伝えきれていませんが
パカル王は予言的なものを数多く残しています。

 

 

著名な神話学者が
「この偉大な宗教的指導者、(中略)
我々がほとんど知ることがないというのは悲劇である。」
と著書に残しています。

 

 

私たちに馴染みが少ないパカル王とホゼ博士&ロイディーン夫妻が
チャネリングして(チャネリングしたのは主にホゼ博士)構築したのが

 

13の月の暦やテレクトノン・ドリームスペルです。

 

パカル王やホゼ博士は
私たちは「12:60という偽りの時間にいる」と伝えています。

 

私も、初めは理解できませんでした。

 

時間は過去から流れて未来に繋がる。

 

 

確かに看護師の頃は未来がすでに決められていると
信じていて
占いや予言的なことに興味を持ちました。

 

 

本当は過去も未来も変えることができる。

 

 

と気がついたのはつい最近です。

 

 

私は自分の過去を変えて
未来も自分で決めるようになってきました。

 

 

これが、ホゼ博士が伝える
新しいカレンダーへの移行」の意味です。

 

 

『天王星意識』になること

 

 

天王星の主なキーワードを思い出してみましょう。

刷新・革命・飛躍・独創性・どこにも属さない

などが挙げられます。

 

 

自分の力で新しく創り出す人生です( ´ ▽ ` )

 

 

常々伝えている「思考の現実化」ですね。

 

 

人や時間に流されている人には
自分の人生を作り出すことはできません。

 

 

目的意識を持って決める!

 

 

思い出してくださいね。

 

 

13の月の暦で銀河の音1は
「目的を統一させて引き寄せる」日ですね。

 

 

ここは本当は深い意味があって
過去の記憶・歴史の中の記憶から
引き寄せるという壮大なものなのですが

 

 

慣れてくると、脳が多角的に認知できるようになります。

 

 

ご存知のように
2012年からマヤの長期暦が終わり
新しい時代に入りました。

 

 

 

宗教的な問題で女性が車の運転を
禁止されていた国が
それまでの禁止を緩めるような動きがあったり

 

 

朝鮮半島に平和的な動きが起きたり

 

 

世界は平和や希望の方向に向かっています。

 

 

「4次元の時間」がわかると
過去も未来も変えられます。

 

 

この意味を理解できないと
未来を変える(創る)ことはできません。

 

 

もう人から鑑定を受けるのは終わり。

 

 

自分自身で知って未来を決めていく時代です。

 

 

自分のことは自分で整えて情報を下ろす時代です。

 

 

特に、私の記事を読んでくださる方は
覚醒が進んでいたり意識が高い方なので

 

 

自分から人生を変えたいと考えている方が多いです。

 

 

私はKIN65という銀河の署名を選んで生まれてきて
パカル王を感じられるようになったので
今以上にパカル王について学んで後世に残した
予言的なものを皆さんに伝えていこうと思います。

 

 

そのため、宇宙次元講座は5月以降は
講座の募集を一時お休みして研究のような活動を行います。

 

 

宇宙次元講座を受けると
過去を変える方法がわかるようになります。

 

 

講座が気になっているけど
悩んでいる方はnoteマガジンから覗き見もでます。

 

 

 

【宇宙次元講座】

過去の嫌な出来事を「ありがとう」に変える方法は
宇宙次元講座で伝えています( ´ ▽ ` )ノ
詳細やお申し込みはこちらまで:
https://peaceofmind65.net/session/

関連ブログ・ブログカテゴリー:
https://peaceofmind65.net/category/宇宙次元講座/

お問い合わせはこちらまで
https://peaceofmind65.net/contact/
https://www.facebook.com/masumi65

 

 

noteでは講座内容の覗き見も可能です:
宇宙次元講座・進化メモ・有料マガジン¥1300円
https://note.mu/peaceofmind/m/mc510db497d80

*有料マガジンでは体の整え方や非公開ワークも紹介しています。

 

 

今日の関連記事はこちらです。

https://peaceofmind65.net/2018/05/14/5084/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です