テーマ

5月13日(日)・スペクトルの月12日・KIN95:青い自己存在の鷲

KIN95:青い自己存在の鷲
銀河の音4・自己存在:形、定義する、測る
青い鷲:ヴィジョン、創り出す、心

 

スペクトルの月(11番目の月):私はどのように解き放ち、なすがままにさせるのか?
42週目:洗練する
調波24:輝きの知性を表現する
モアン月:暗闇の中をのぞきこみ

 

☆.。.

 

今日は・KIN95は坂本龍馬の誕生KIN

 

こよみ屋さんの手帳やカレンダーでも「◇」マークが
付いていると思います。

 

 

これは極性KINと言って

占いマヤ暦では社会的に発展するKINと習います。
(私が学んだ団体では・・・ですが・笑)

マヤの宇宙プロジェクトと失われた惑星 p44から抜粋。

 

本来は260サイクルの中で「季節」を示すもの。

・蛇の季節
・犬の季節
・鷲の季節
・太陽の季節

さらにそれぞれが
3・確立、4・変換、10・拡張、11・輸送。と分けられ

今日から「青い変容の季節*変換」という印です。

 

 

この季節分けも
大きな変化を見ることができ
知ると興味深いことが沢山あります。

 

 

「占いマヤ暦」に没頭しているときは
私にとってKIN95が最強だと思っていました。

 

 

たくさんのことを学ぶようになって
最強の日は一つだけではなくてまだまだあると。

 

 

そして、自分の「銀河の署名・誕生KIN」
KIN・65「赤い宇宙の蛇」もまた
意味のあるKINだったことを知りました。

 

 

パカル・ヴォタンは
「13の蛇の住処」の通路を通り抜けて地球にやってきた。

 

 

KIN65からパカル・ヴォタンを
感じ取れるようになっている人が存在します。

 

 

それは、KIN65を持つ、持たないに関わらず。

 

数字から感じる人もいれば
体の中から聞こえる声の場合もあります。

 

 

他にも、人それぞれ他者にはわからない方法で感じ取り
その人に与えられた行動を促されます。

 

 

誰にでも、パカル・ヴォタンは語りかけていて
13の月の暦やテレクトノンを使うとそれを感じていけます。

 

特にテレクトノンはパカル・ヴォタンとの通話菅。

 

私が与えられたと感じる役割は
「学びたいと思う人と一緒に13の月の暦を学ぶこと。」

「本当の13の月の暦やパカル・ヴォタンの存在を学んで伝えていくこと。」

 

 

このために、私は東京に来たのだと
最近はっきりわかるようになりました。

 

 

パカル・ヴォタンの声を信じて委ねると決めました。

なぜなら、パカル・ヴォタンが私のガイドだと感じるからです。

 

私は不完全なので、必ずパカル・ヴォタンが私を補ってくれます。

間違えていたら、間違えを正してくれます( ´ ▽ ` )

 

 

☆.。.

 

つい先ほども、
私の神田明神の投稿について友達が教えてくれました。

(もちろん相手への伝え方も大事ですよね。)

 

「明治大学と明治学院大学があって
ALFEEは『明治学院大学』だと思うよ(^-^)」
と。

 

「明治」とつく大学が二つあるのね(*⁰▿⁰*)

 

確かに、映像と学校の様子が違っていた・・・

 

 

でも、これって大きな違いですね!
大変失礼いたしました。

 

 

教えてもらって記事の
文章やハッシュタグは修正したけど

 

一時の幸せをありがとうの気持ちを込めて

 

 

「明治大学」の画像は記念に残すことにしました(´∀`*)

 

看護師の頃は完璧じゃなきゃダメでした。
仕事では完璧を求められて当然。

 

 

でも、私は自分自身・私生活にも完璧をも求めて
自分の間違いを許せなかった。

 

なんでも自分一人でしなければならない

 

なんでも一人でできると思っていました。

 

 

とても、傲慢ですね。

 

 

だから・・・

間違えたから変更します。
ごめんなさい。
教えてくれてありがとう。

 

 

って今のように言えなかった。

 

 

間違えたり、失敗することが怖かった。

 

嫌われたり批判されたり・・・
周りの目が怖かった。

 

 

精神世界を学んで13の月の暦に出会って
人間はいかに不完全かを知りました。

 

 

不完全なのに、完璧を装うから無理が生じて
生きにくくなる。

 

 

不具合が生じる。

 

 

宇宙は、不完全な私たちを補うために
存在していて
助けを求めると手を差し伸べてくれる

 

 

不完全を認めて助けを求めること
ないから欲しいと願い事をすることの違いです。

 

 

この違いが腑に落ちると
宇宙はぐんと近づきます(*´∀`)♪

 

 

☆.。.

まだまだ、読みきれない。
読んでも読んでも前のページが気になり
参考文献が気になり調べては中断
また戻るという不思議な読み方をする本は

 

今日こそ読み切る必要があると感じ
これから読みきろうと思います。

 

 

☆.。.

私の記事を毎日断片的に読んでいるだけでは
パカル・ヴォタンはあなたに語りかけることはありません。

 

手帳やカレンダーを使って図で見て「今日の位置」を
確認しないと意味がありません。

 

新しいカレンダーや手帳は絶賛発売中なので
こちらのページからお買い求めくださいませ✨
http://www.koyomiya.com/13moon/index.html

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です