テーマ

愛とお金の関係を知る

お金は寂しがり屋で

お金が多く集まるところが好きとか

 

いろいろ言われます。

 

私が一番しっくりきているのは

お金は愛のエネルギーだと言います。

 

お金は天下の回りもので

お金の循環、使うと戻ってくる。などなど。

 

 

本当はどうなのか???

 

私の体験から紐解いていきましょう。

 

***

 

私が看護師になること以外で

自分に投資したのは「占いマヤ暦」を学ぶ時でした。

 

当時住んでいた函館では学べなかったので

札幌や、東京・大阪で学びました。

 

ある時、習っていた先生に

違和感を感じてその先生からの脱出計画を立てます。

*違和感は・・・
その時は伝えきれないもので
この「違和感」の行動がどうだったか
検証してください。

***

私の当時考えた・・・

今考えると安易な発想

①脱退するには自分の紋章デザインが必要だ!

・紋章デザインを作成して意匠出願します。

・某占いサイトの仕事を断って独立に向けて動き出します。

 

②団体はなんとなく不透明でオープンにしたがらない

結果、魅力を伝えきれていない。

情報公開することで人にもっと魅力を伝えたい!

・誰でもわかるように無料鑑定を作る

マヤ暦ワンクリック体験↓

https://peaceofmind65.net/kantei/

 

上記を目標に私のホームページができたわけです。

https://peaceofmind65.net

 

私が学んだ団体は

1つ学ぶと次々講座があったり

月一回の学びに誘われたり

とにかくお金がかかるんです。

月一度のお月謝は13,000円

基本一年契約。

 

最近、お月謝は

月30,000円に値上がりしたそうです。

 

***

占いだと、

「恋愛の相性を見てください✨」って

定番ですよね。

 

高い認定をもらったはずなのに

それでは足りないから

恋愛バージョンの講座もありますよ〜

1日講座で129,600円(税込)

 

次々お誘いがあるんです(*´Д`*)

 

もうついていけない。

***

 

私は自分用の紋章ができて

団体にモノ言わせないように

特許庁にデザインを意匠登録できたので

 

団体からもらった紋章カードは必要なくなったのです。

 

もちろん捨てるわけにもいかないし・・・

 

私なりに想い入れも

思い出もあるので

 

大切に使ってくれる同期に

(同じ団体に所属する人に)

プレゼントしたんですよ!

 

 

そして

団体の一年更新前に

更新はしません。

 

ってお手紙を書いて

認定証・認定カード等

その団体に返品し、

団体の所属ではなくなるので

大切に使ってくれる人にカードを

プレゼントしましたが

同じ団体の関係者です。

誰にプレゼントしたかは言えません。

 

と記載して郵送・・・・

 

結果

団体からきたお手紙には

 

「紋章カード返してください」

「団体の規約には脱退の時は

『特典』を返還または破棄することになっています」

 

((((;゚Д゚)))))))

 

30,000円の認定料払って

プレゼントです。って

もらったはずのカードを返せと???

 

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

なんて愛の度数が低い規約考える人だ。

 

私には

一度プレゼントしたものを

返せと人には言えない・・・

でも、あなたは言えちゃうのねー。

 

この方から

私は学んでたのね〜(´-`).。oO

 

私が感じた違和感、感じていただけましたか??

 

しかも、

「競合禁止です!」

「団体が教えたような同じような仕事も

2年間しないでください。」的なことまで言われた(´・_・`)

 

愛の度数、どう感じますか???

 

 

トドメとしては

占いマヤ暦は

現地で作られたものではないんです。

 

私たちが使っている

ツォルキン

銀河の音

占いマヤ暦で使っている紋章の名前は

赤い竜、白い風、青い夜・・・など

 

ホゼ博士が作ったもの。

 

私的財産なのに

 

出元を明らかにしないで

マヤ暦鑑定

マヤ暦占星術

マヤ暦占い

 

って言葉を使って

 

ホゼ博士の著作権を乱用しているのです。

 

 

人の権利を侵害してる人が

そもそも

人の行動制限するような規約を作って

十分な説明もしないでサイン捺印させて

お金を巻き上げるだけ巻き上げる。

 

私ね。

ビジネスは悪いことではない

占いビジネスも

精神世界でお金を得ることも

悪いなんて思いません。

 

必要な人がいる

その人が魅力的だから

人に支持される。

 

相手が納得して

良いエネルギー交換がなされているなら

どんなビジネスも良いこと。

 

お金をもらうことは悪くないです。

 

でもね・・・・

 

その団体のやり方に

正当性は感じませんでした。

 

今考えると

講座の中では巧妙さを感じる

「宿題」が出ました。

 

 

マヤ文明について書かれた書籍を読んで

感想を提出する・・・というもの

 

 

内容はとても難しくて

一度や二度読んだだけでは

私には理解できませんでしたが

 

1ヶ月の中でこの本を読み切って感想を提出するのですから

 

私の学んでいるマヤ暦は

マヤ文明の現地から伝わるものなんだ〜

 

っていう刷り込みになったようにも感じます。

 

 

少なくても

講座の中で

「13の月の暦」を作った

ホゼ博士の著作物から引用している説明は

一切ありませんでした。

 

結局

どんなに学んでも

自分を高めたくて自己投資しても

【投資する相手が愛の循環をしていなければ】

 

掃除機のように吸い取って終わり。。。

 

お金は循環して戻ってこないんです。

 

まあ、

いい勉強でした。

 

 

自分の違和感を信じて

一度入った団体から抜け出すのは

勇気も労力もいりました。

 

今は「自分の違和感を信じてよかった」

 

違和感を感じて

探究を続けたから ↓

泉ウタマロさんの記事

 

ウタマロさんに出会えて

私に共感してくださり。

 

ウタマロさんをはじめ

本物の人たちに出会えるようになりました。

 

***

 

一度は物質世界に埋もれた真実が

 

ホゼ博士の真実が表に出たがっている。

 

 

そう感じてなりません。

 

 

***

 

団体が

規約違反です。

守秘義務違反です。と

 

もしも私のことを訴えるのなら

私は受け入れます。

 

判断は裁判所に委ねることになります。

 

ただ、

私は自分がされて嫌なことは

人にはしない! と決めています。

 

団体はどうなのかな?

 

自分の権利は守りたい

人の権利は守れているのかな???

 

 

とーっても疑問です。

 

このように

マヤ暦占い

マヤ暦鑑定

現代マヤ暦

マヤ暦占星術  と

 

書籍を出したり

講座を行う認定を発行する団体は

日本中に

1つだけではありません。

 

多くの人が真実を知らずに

不要な時間・労力・お金をかけて

学んでいます。

 

私は私が経験したこと

知り得たことから真実を伝えています。

 

真実を知った人は

選択肢が広がったはずです。

 

ここからどんな行動を起こすかは

個人の自由です。

 

 

知ったことを

言わずにいることは同罪だと思うので

私は伝え続けようと思います。

 

こちらの記事は

ブログカテゴリー:

「13の月の暦」と「マヤ暦占い」

にまとめています。

 

ウタマロさんのブログと合わせて

ご覧くださるとより一層視点が広がります。

 

泉ウタマロさんのブログ

https://ameblo.jp/izumiutamaro/

 

私の行動はささやかだけど

ホゼ博士の

13の月の暦に惹かれて

心や生活が豊かなっている人がたくさんいます。

 

その人たちには

「本物」に出会って欲しいと

心から願っています!

 

 

関連記事

マヤ暦との出会いから驚きの現実


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です