テーマ

13の月の暦・初歩的な活用例

13の月の暦

今日(2月8日)からKIN1

 

ツォルキンの新しいサイクルが始まりました。

 

◎260のサイクルがツォルキン:心

心のリズムを調える260日

13と20

 

◎13ヶ月のカレンダー:体

季節を感じたり肌の生まれ変わり周期を感じて

体のリズムを調える。

28日×13ヶ月(プラス1日:時間を外した日)

 

***

グレゴリオ暦の365日を

13ヶ月と260のサイクルで構築したのが

13の月の暦です。

 

よく

「手帳を買ったけど

どうやって使っていいかわからないんですー」って

ご相談いただきました。

 

先日ウタマロさんにお会いした時に

「マスミさんなりの伝え方動画とかで

発信しては( ´∀`)?」と

ご提案をいただいたので

 

動画作成はまだ苦手なので

 

とりあえずブログに書いてみようと思いますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

 

これはあくまで、

一例なので参考程度に考えてくださいね。

 

***

今まで、グレゴリオ暦に慣れていたので

難しくて当たり前なんです!

 

初めから全部理解して使おうなんて

思わなくていいんですよ♡

 

 

私は、このページの左側

「銀河の音」を感じることから初めてもらいます。

 

銀河の音は13あります。

 

右のページの20の紋章が

13日ずつ続く。

 

今日は「赤い竜の13日間・1日目」なんです。

 

 

このカレンダーでいくと右がグレゴリオ暦

 

13ヶ月と、13日と20の紋章と・・・(*´ー`*)

 

こりゃ、わからん!

 

左側にある数字の丸ぽちと横棒

の組み合わせ ↓ ↓

 

 

銀河の音の数字を表現しています。

 

①初めはこの13日間を意識するといいですよ。

 

慣れないうちは

 

②銀河の音1だけ意識するだけでいいです。

 

③銀河の音1を意識すると

次の銀河の音1の前日が

銀河の音13です。

 

④銀河の音13では

13日間を振り返り次の13日の

目標を決めます。

 

⑤13日間の流れに慣れてきたら

銀河の音1・5・9・13を意識します。

私はここを「神様が集まる日」と考えています。

 

なぜなら銀河の音1・5・9・13は

太陽の紋章とウエブスペルの紋章が

「同じ色」になります。

 

この日に銀河の音1で決めたこと

宣言したことを振り返ったり軌道修正します。

 

⑥13日間の流れに慣れてくると

他の銀河の音を知りたくなって

少しずつ銀河の音を覚えられるようになります。

 

その他***

本当は毎日日記を一言でも書くと良いです。

 

毎日書くことができない人は

・良いことがあった日

・うまくいかなかった日

・嬉しい日

・悲しい日  など

 

特別に何かあった日だけでも

出来事を記載します。

 

繰り返していくと

銀河の音の他に

「得意な紋章」・「苦手な紋章」がわかってきます。

 

手帳を買うだけあって

自分のKIN・紋章はご存知ですね?

 

初めから

20の紋章全部を覚えられなくても

銀河の音と同じように

少しずつ感じることができるようになります。

 

 

「エネルギーを感じること」

 

もしも、

紋章の方がなじみが良い方は

銀河の音ではなく

紋章から感じていきましょう。

 

カレンダーや手帳には

キーワードが必ず載っているので

その日その日のキーワードを感じてみてください。

 

毎日を意識して過ごすと

宇宙循環にうまく乗ることが

できるようになります。

 

 

13の月と暦の

カレンダーと手帳は

こちらから購入できます。

 

こよみ屋さん

http://www.koyomiya.com/13moon/sale/index.html

 

人それぞれ、

いろんな使い方があると思います。

 

初めから

「完璧に使いこなそう」とせずに

できること

わかることから

エネルギーを感じてみてくださいね。


“13の月の暦・初歩的な活用例” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です