テーマ

真実が表に出たがっている

2018年1月31日

今日は
1ヶ月に二度起きる満月
皆既月食
スーパームーンが重なるとあって

とにかく珍しく
152年に一度とか
地域などによって265年に一度とか
どんなに貴重な満月であるのかを伝える記事が賑わっています。

私も、満月の力を借りて最近直面した
「隠れた真実」を伝えようと思います。

私は2016年から「マヤ暦」に惹かれて学び始めました。
当初の私はマヤ暦は「占い」だと思って疑いませんでした。

深く学び出して、毎日のエネルギーを感じるほどに
「占い」という言葉からかけ離れてきて・・・

***

泉ウタマロさんは
生まれた日のエネルギー(KIN) = 私 ではなく
エネルギーはカーディガンのようにまとっているもの。

カーディガンの下には「自分というオリジナル個性」があると
表現されています。

***

ツォルキンで表現されるエネルギーは260種類

様々な特徴あるエネルギーがあり
中には苦手なもの、得意なもの
憧れたり惹かれたりするもの
色々だけど・・・

特徴を知るとその人が
少し理解できて付き合いやすくなる
相手理解につながって、人と調和しやすくなる。

その人の地位や立場など
物質的なことから考えるのではなく
宇宙の叡智を感じられるようになり
「占いではない」と確信を持ったので
自分の中の違和感をマヤ文明から調べ始めました。

***

日本で広がるマヤ暦には(調べ始めの私の認識です)

◉古代マヤ暦
◉現代マヤ暦
・13の月の暦
・占いとしてのマヤ暦
に大きく分けられ

古代マヤ暦と現代マヤ暦は
同じ誕生日でも結果が異なる。

古代マヤ暦には
13の数字、20の紋章はあるが
紋章の色分けはない。

お正月の考えもバラバラ
などが見えてきました。

現代マヤ暦は時期は特定できないが
現地から派生したものと、
認識していました。。。。。

探究を続けていると
1月13日に泉ウタマロさんの記事に出会い
「13の月の暦」は
古代マヤ暦研究家ホゼ博士が
1989年に
「時間の法則」を発見し
ドリームスペルを構築したことから誕生した、のだと知りました。

そして、マヤの現地で伝わるものではなく
個人(ホゼ博士)の私的財産でした。

 

 

「13の月の暦」が日本に伝わり

スピリチャアル・ビジネスとして
活用しようとした方によって
「占いマヤ暦」が広がり現在に至っています。

正直ね。
人が著作権を侵害しているとかは
私の範疇ではなく

私は人の著作権を侵害したくない!!
知った以上は続けられない。

幸い、勇気と労力が必要でしたが
私は人との調和を感じることができなくなった
占いビジネスの団体から昨年8月末で脱退しました。

占いビジネスの中にあった大きな違和感は
相性判断 = 吉凶判断
「相性悪いです(凶)」って言われたら
(凶と)調和しようと思えますか??

家族として長年暮らしている
縁があって深い付き合いをしている人と

「誰とも関係性ないです」と言われて

はい、そうですか。と

納得できますか?

 

これは、マヤ文明の考えに反していると
強く感じました。

 

「出会い」には必ず意味があります。

とっても大きな断捨離でしたが
大きな断捨離を済ませると
私に真実を伝えてくれる
ウタマロさんに出会え、
直接お会いして
本当の現状を知ることができました。

私は何かを批判したいわけではなく
『真実が表に出たがっている』と

13の月の暦では「赤い宇宙の蛇」である私が
同じKIN65 赤い宇宙の蛇の
ウタマロさんに出会い

私にとってウタマロさんは
私が会いたいと言って簡単に会える方ではないと
函館にいた頃から密かに尊敬していた方です。

 

お話を伺うことができたのは
この満月の力を借りているのは

『真実が表に出る時期!!』を示している
氣がしてなりません。

これから少しずつ
今まで物質次元に隠れた真実が表に出るよう
ウタマロさんと志を共にしたいと思います。

私も完全に受容できたわけではありません。
同じ占い窓口から学んだ人は
衝撃で驚きや悲しみ、怒りなども
あるかもしれません。

時間がかかっても真実を受けて入れて
欲しいと感じます。
始めは辛いけど、選択肢が広がります。

 

私は「13の月の暦」を学んだことはありません。
「13の月の暦」は
7月26日をお正月と定めているので
2018年7月26日に向けて
新しい行動と選択をしていこうと思います。

 

 

特に私のホームページでは

https://peaceofmind65.net

オリジナル紋章デザインを使っているので
すぐに訂正できないことも多いのでその点は
ご了承くださいませ。

 

オリジナル紋章デザインは
意匠登録ができている事実も含めて
大きな宿題を与えていただいたように感じます。
適切な対応を焦らず、でも迅速に行います。

 

私のように純粋にマヤ暦が好きで
学んで来た多くの人にこの記事が届くと嬉しいです。

 

13の月の暦ダイアリー 各種カレンダーは

こよみ屋さんから購入可能です。

http://www.koyomiya.com/index.html

泉ウタマロさんのブログ

https://ameblo.jp/izumiutamaro/

 

関連記事

現代流マヤ暦の真実①

https://peaceofmind65.net/2018/01/27/3873/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です