テーマ

現代流マヤ暦の真実①

私は2016年4月9日から

毎日、マヤ暦の記事を書き始めました。
現在の『毎日の宇宙エネルギー』の前身です。
もともとチャネリングできるせいかもしれませんが、

 

毎日記事を書き始めて半年ほど経った時に

私の中では
「この人とこの人の関係を調べてみなさい」

などを教えてくれる人がいました。

 

言われた通り調べてみるとマヤ暦で面白い関係性が見られることが多くて、

参考になりました。

 

私は「古代マヤ人が私の中に住み着いた」と
感じるようになりました。

 

ある時私の中に住み着いたマヤ人に
「お前の解釈は間違えている」
「それはマヤ暦ではない」と、

 

言われるようになりました。

 

それから私は「本当のマヤ暦」を求めて
様々な書籍から調べました。

すでに廃盤になっている古代マヤ暦の本を読みさあり、

マヤ文明についても調べ直しました。

 

現在、主に広がっているマヤ暦には
易学などの解釈が混ぜられていますが、

 

古代マヤ人には易学で使われるような解釈はありませんでした。

 

また、メキシコ周辺のマヤの遺跡が残る現地で使われるマヤ暦と
現在、日本で広がっているマヤ暦は全く別物です。
当初、私はこの違いに困惑し、、、、

 

(何しろ、私の中に住み着いたマヤ人達は
怒っていたので。。。)

 

私の中でマヤ暦の解明が進んだ時に。

 

私の中に住み着いた古代マヤ人に私が解明した内容を人に広めて良いのか?

 

古代マヤ暦→現地で古くから伝わるマヤ暦
を学んでそちらを広めたら良いのか?

 

確認しました。

 

私の中に住み着いたマヤ人からの回答は

 

『お前の使っているものは本当のマヤ暦ではないが
新しい形でマヤ暦が日本に広がっていることは意味がある。』

 

『本当のマヤ暦ではないことを説明したり、
マヤ暦では使われない解釈を取り入れずに
私がマヤ暦を現代風に広められるのなら良い。』  と、

 

「私の中に住み着いたマヤ人から」条件付きの許可を得ました。
シェアさせていただいた記事には
私が行なっているマヤ暦講座で伝えている内容と類似点が多く書かれています。

 

私は、同じKIN65をお持ちの泉ウタマロさんを通してマヤ人から解答例をいただいたようでとても光栄です。

 

マヤ暦は占いではありません。
現実世界で心地よく暮らすための秘訣や問題解決法
人と人との調和の方法が記されています。

 

私のホームページでは
https://peaceofmind65.net/kantei/

 

↑ こちらからマヤ暦の関係性を調べられる無料鑑定があります。

 

しかし、マヤ暦は上記サイトで調べられる、
エネルギー相関図で説明できるような
簡単なものではありません。

 

俗に言う「相性占いではない」と言うことです。
現在はホームーページの大幅改訂に向けて
マヤ暦講座やセッションは募集していませんが

 

KIN1の始まり
2月8日から新規の募集を開始する予定です。

 

講座では
・マヤ暦が日本に伝わった経緯や
・主にどの部分が易学を交えているのか
・紋章の色分けなどを含めて
「現代のマヤ暦」を説明しています。

そのお陰なのか
◎複雑になっているマヤ暦がよくわかった。
◎どうして色々なマヤ暦があるのか理解できた。

 

など講座を受けた方からご感想をいただいています。

 

伝えておきたいことは、これはあくまで私が調べた結果導いた解釈であって
他者を否定するものではありません。

 

みなさんにはどちらの解釈が好きでわかりやすいのか
選んでもらえば良いものであって人に強要するものではないと考えています。

 

易学等の解釈を織り交ぜたり
相性占い(吉凶判断)としてを混ぜてることで判断しやすく分かり易いため、
現在広がっているマヤ暦を一般的に広めるための役割があったと感じています。

 

相性が良い悪いなどの吉凶判断はわかりやすいので判断の一つとしやすいです。

 

どちらにも特徴や違いがあるので
違いや特徴を知って好きな方を選ぶことは有効だと思います。

 

「本当のマヤ暦」、「純粋なマヤ暦」は
現在広まっている『現代マヤ暦』ではなく
時代に合った形に我流の解釈が交錯しているのだと意識の片隅に入れていただくと嬉しいです。

 

そして、私の解釈も現在広まっている我流解釈の一つです。

 

泉ウタマロさんが推奨される
「13の月の暦」はステキな手帳の販売もあり
カレンダーとしてマヤ暦のエネルギーを感じたい方に分かり易いと思います

 

ウタマロさんの記事には
YouTubeでのガイダンスの紹介もあり、活用しやすいように整備されています。

 

用途に合わせて

 

お好きな解釈を選んでください(*´∀`*)

「どれが正しいマヤ暦?」なのではなく。

 

本来のマヤ暦は現地に伝わるものであって、
私が行う「マヤ暦」は「現代流にアレンジしたマヤ暦」です。

 

 

以下:ご参照ください。

https://www.facebook.com/yoshimi.watanabe.79/posts/1599867930098744

 

 

関連記事:

泉ウタマロさんのブログより抜粋

 

もし僕がシャーマンに会ったら (; ̄ェ ̄)

 

ウタマロさん、僕も勘違いしていたようです。

 

見破ったわよ!グレゴリオ。12ヶ月カレンダーの真相。

 

心外なるビデオ作製裏話

 

なお、この記事は

2018年1月21日のFacebookの記事を

ブログに転記したものです。

 

 

2018年1月27日現在は

今後、マヤ暦講座を行う予定はありません。

 

こよみ屋

http://www.koyomiya.com/13moon/index.html

こちらから ↑

 

以下カレンダーを購入可能です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です