テーマ

マヤ暦の関係性・ガイドKINと反対KIN

今日はガイドKINと反対KINについて読み進めていきます。

 

ここで、類似KIN・神秘KIN・反対KIN・ガイドKINは

「紋章」から調べます。

 

紋章については

マヤ暦の関係性 の記事をご参照ください。

 

 

マヤ暦の最も大事な情報

KIN(キン)の中には

①太陽の紋章(顕在意識)

②ウエブスペル(潜在意識)

③銀河の音(行動パターン)

 

の三つの情報があります。

 

『太陽の紋章』と『ウエブスペル』は

「紋章:20の神様」が担当します。

 

類似KIN・神秘KIN・反対KINは

 

 

この表のから算出できるので

太陽の紋章(顕在意識)・ウエブスペル(潜在意識)に

それぞれ存在できることはイメージできますか?

 

 

このようなイメージです。(KIN57のエネルギー相関図です。)

 

 

お気づきかもしれませんが、

ガイドKINは

太陽の紋章(顕在意識)にしか存在しません。

 

 

 

ガイドKINは

調べたいKIN(キン)の情報を見て

「太陽の紋章」と「銀河の音」から算出します。

 

上のエネルギー相関図で調べると

KIN57は銀河の音は5です。

 

太陽の紋章と銀河の音が交わったところは

「赤い蛇」になるので

KIN57の方のガイドKINは「赤い蛇」になります。

 

 

・ガイドKINは

魂が求める生き方を示す人です。

そのため、ガイドKINの生き方に共感したり

導かれることが多いです。

私の場合はガイドKINの方から安心感を得ることができます。

 

 

ガイドKINに出会うと

安心して魂が導かれる・惹かれると感じることが多いでしょう。

 

しかし、ガイドKINがその紋章の特徴を生かして

生きていないと「悪い見本」を示してしまうこともあります。

ガイドKINと出会ったからといって

無条件で相手についていくのではなくて

自分の魂のガイド役として的確な相手なのかを

見極める必要があります。

「悪い見本」を示している人は

離れてしまうのが得策です。と私ならアドバイスします。

 

 

紋章の特徴を生かしているガイドKINに出会えても

ガイドKINの示す方向に進めていなければ、

そのガイドKINとのご縁も薄れてしまいます。

 

「ガイドKINに置いていかれる」イメージです。

ガイドKINは人に依存せずに生きる姿を示してくれるので

ガイドKINに頼りぱなしにならないように

気をつけることも大切です。

 

 

 

・反対KINは

自分にはないもの、自分にない価値観を持っている相手

そのため苦手意識を持つこともあります。

「苦手」ということは心は反応しています。

反対KINに感じる苦手を自分に取り入れることで

自分自身が豊かになる、

幸運の鍵を持っている相手です。

 

 

占いでマヤ暦を見ると

「反対KIN」は相性が悪い相手と見られがちです。

後々、お伝えしたいのですが、

反対KINはとても大事な影響力を持つ相手です。

 

反対KINの相手に苦手意識を持つのでなはくて

自分にない考え方を学ぼうという気持ちで

付き合うと良いです。

 

お互いの考え方を認めあえると

成長し合える

とても素晴らしい関係を作れる相手です。

 

 

 

関連記事:ブログカテゴリー・マヤ暦について

マヤ暦の関係性

マヤ暦の関係性・類似KINと神秘KIN

記念する日はKIN131

 

公開している資料は著作物のためコピーや当ブログ以外での
無断転用は禁止しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です