テーマ

魂を分け合う人と出会う法則

魂を分け合った2人は
魂の結びつきが浅い人と出会うと
執着や嫉妬にあってしまう事をご紹介しました
記事を読まれてない方は
詳しくは下記の記事をご覧ください
そのため魂を分け合った2人(ツインレイ)は
魂を分け合ったもの同士が魂を一つにする事が
最高の幸せに繋がります
魂を分け合ったもの同士が
今世で魂を一つにする事が出来ない場合は
ツインフレームと幸せになる人生が良いです

ツインフレームとの関係には
魂を統合するための学びの試練
執着や束縛がないからです

そのため、
ツインレイにこだわる必要はありません。

ご自身が魂が求めるままに

使命を生きていたら

ツインレイツインフレーム

引き寄せることができます

この法則は
ご自身の現状を知る必要がある方に
届く法則です
どんな出来事も
宇宙から見ると『ただの状態』です
誰が悪い
誰が正しいと
枠に入れてジャッチすることではありません
・宇宙の高い視点で見た時
・高い次元で見た時に
全ての状態は
ありがとう』に繋がります

執着や嫉妬される人も辛いけど

執着や嫉妬する側も辛いのです

一緒にいることで
お互いが本当の人生を歩めていません

二人が本当の自分の人生を歩いていないことに
気がついて

『いろんなことがあったけど
出会ってくれてありがとう』

『こんなにも、
自分を必要としてくれてありがとう』

と、心から思えた時に

『でも、お互いが本当に幸せでいるためには
本当の相手は違うんだよ』

『これからは、お互い
本当の人生を歩むために離れる時期だよ』

と、心を込めて
相手の魂に語りかけることができます

どんなに離れていても
魂から魂に伝える言霊は必ず相手に伝わります

そして
本当の魂を求めて動き出す事が出来るのです

そのためには
(真理を知るためには)
宇宙の高い次元に至る事が必要です

それはツインレイやツインフレームなどの
魂の結びつきだけではありません

どんな資格を取得しても
どんなに素晴らしいセミナーに通っても
どんなに素晴らしいコンサルを受けても

最後に結果を出すのは自分次第

なりたい自分を引き寄せるのは自分次第

自分の意識がどの次元に位置しているか
どんな視点で見ているかで現状は変わってきます

周りを見渡して
なりたい自分を手に入れた人
やりたい事をしている人
世の中の成功者

と、言われる方は

みなさん、意識の次元が高いのです

魂の深い相手を引き寄せるために
なりたい自分になるために
自分の使命を生きるために

必要な宇宙視点を促す一つが
内山 直美さんが作った
https://www.facebook.com/ai.ucchi
アカシックレコードにアクセスできる
ペンデュラムです

私は内山 直美さん(うっちさん)が手放された
ペンデュラム講座を引き継がせていただいた一人です

ペンデュラムはただ、
何かを調べるだけではなく

*自分の魂にアクセスすること
*自分の本質を知ること
*心の在り方を意識すること

この三つを大切にして
・意識の上昇を目指す
・チャレンジを促す

そのため意識がどんどん上昇します

ペンデュラムの良いところは
今まで学んだことが無駄にならないということです

目指す宇宙視点になるために
何を使ってチャレンジしても良い
その人の個性を大切にできる素晴らしいものです

宇宙視点に到着した後は
自分で自分の人生ストーリーを
変えることができるようになります

3月いっぱいは予定が立て込んでいるため
次回の講座募集は
3月末を予定しています

私が行う
ペンデュラム*アカシックリーディン講座を
ご検討中の方は楽しみにしていてくださいね

〜用語説明〜

ツインレイ
魂を分け合った二人・究極の陰陽・唯一無二
・・・異性(ごく希に同性)世界でたった2人だけ

ツインレイは魂を一つにするまでは男性が陰、
女性が陽の人生を歩むことが多い
出会うと魂を一つにするためにたくさんの課題や試練がある

ツインフレーム
何度も過去世での繋がりがあり
目差す所が同じで相性が非常に良い相手

・・・性別関わらず/7〜9人

ツインレイのように魂の課題や試練がないので
相性が良く何よやっても上手くいく結ばれやすい相手

最後に
この記事をお読みになった方の中には
魂の関わりが薄い方との関係を断ち切って
新しい人生に進まれた方も
いらっしゃると思います

それはとても勇気のある行動です

苦しかったけど学びと本当の使命を生きる
素晴らしさを教える役割を担ってくれた方に

ありがとう

と遠くから語りかけてみてください
今は無理でも
いつか思い出した時にでよいです
その時必ず宇宙からギフトが届きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です